fbpx

創業100年を超える伝統と革新
― IFAの皆様と志を共有したい


アイザワ証券様の会社概要について教えてください。

当社の前身藍澤証券株式会社は1918年(大正7年)の創業で、当社は100年以上にわたり「より多くの人に証券投資を通じより豊かな生活を提供する」という経営理念のもと、歩み続けております。創業者の藍澤彌八は証券業界の重要な役割を歴任し、証券市場、そして日本経済復興のために身をささげてきました。

アイザワ証券は社名の通りアイザワ家が代々の社長を務めており現在の社長藍澤卓弥で4代目となります。

歴史と伝統の中でも業界に先駆けてアジア株式の取扱いやインターネット取引環境を提供する等革新的な取り組みを行って参りました。そういった取り組みがお客様に評価され、2006年のJASDAQ市場を経て、2015年に東証一部上場を果たしました。(現在はプライム市場)

独立系の対面証券会社として、店舗数52店舗、お預り資産が約1兆5000億円と証券業界では中堅の証券会社に位置付けられております。

現在は特に地域のお客様に対して資産形成はもちろんのこと、お客様の幅広いお困りごとに対してソリューションサービスを提供し、地域社会と共に発展することを目指しています。

なぜIFAビジネスに取り組まれているのでしょうか?

当社は「より多くの人に証券投資を通じより豊かな生活を提供する」という経営理念のもと、資産形成を通じて、中間層(資産形成層)の方々を生活の不安から解放し、希望にあふれるこの国の未来を彼らが創造するための後押しをすることをミッションとしております。

この想いをIFAの皆様と共有し、IFAの皆様を当社がサポートすることで、特に資産形成層に対し、コア資産の積立投資を中心にサテライト資産の積極運用を組み合わせることで、老後の不安を解消する水準の資産形成をお手伝いをすることを目的にIFAビジネスに取り組んでおります。

IFAから見た他社証券会社との違いについて教えてください。

当社は「より多くの人に証券投資を通じより豊かな生活を提供する」を実現するため、短期的な収益のためにIFAビジネスに取り組むのではなく、オーナー企業であることから20年後、30年後を見据えた長期的な目線でIFAビジネスに取り組んでおります。したがって方針がぶれることはございません。

IFAの皆様におかれましても、2代、3代目と長くお客様とお付き合いをされていくかと推察いたします。その中でお付き合いをする証券会社の方針が数年おきに変わってしまうのは事業計画の弊害になってしまうのではないでしょうか。 当社であれば長期的なパートナーとしてIFAの皆様と協同できると確信しております。

当社の特徴は対面証券会社のバックグラウンドを活かした営業サポートとコンプライアンス体制です。IFAの皆様の事業が円滑に進むよう徹底的に対面でサポートさせていただきます。

また、当社では長期積立分散に適した商品、投資家のニーズに応える多彩な商品ラインアップの拡充に努めています。運用会社とも関係性も良好なため、個別ファンドの勉強会も実施しております。また、当社では印鑑レス/ペーパーレスで投資信託の発注ができるIFA様向けシステムの構築など、IFAの皆様の利便性を考えたシステムの拡充にも積極的に取り組んでおります。面倒な事務手続き等をシンプルでスピーディーにすることでIFAの皆様の本来の業務であるコンサルティングに注力いただけるような体制を整えております。

今後、どのような成長戦略をお考えでしょうか?

当社の資産形成に対する考え方を幅広い企業様にお伝えをさせていただき、想いを共有するパートナーを増やしていきたいと考えております。特に保険を本業とされる企業様は当社の考え方との親和性が高いと感じており、保険系のIFA様を通じた資産形成層に対する投資信託の定時定額積立投資に注力したいと考えております。

投資信託の定時定額積立投資は途中解約も少なく、1つの金融機関で長期的に投資するお客様が多い傾向があります。そのためIFAを通じて特に資産形成層を中心とした幅広いお客様に定時定額積立投資を推奨しています。

また、資産形成層のお客様を多く抱えていらっしゃる非金融事業会社様とも提携を拡大するなど、これまでにないビジネスモデルでIFAビジネスを展開させていきます。

加えてお客様のライフプランニング・ゴール設定・ラップ契約からアフターフォローまでを1つのツールで完結できるゴールベースアプローチ型のラップサービスを本年提供する予定になっております。将来的に資産形成ビジネスにおける戦略商品へといった位置づけで展開をしていきたいと考えております。

IFAに挑戦する方に向けたメッセージをお願いします。

アイザワ証券ではIFAお一人お一人のビジネス(営業展開)に沿った様々なサポートをご提案しており、同行訪問はもちろん、運用提案サポート、商品情報提供、各種研修にも対応し、日本に資産形成の文化が根付くようIFAの皆様と協働していきたいと考えております。

「商品やシステム」や「投資金融商品」だけをご提供するのではなく本業につながる企画をご提供いたします。

IFAビジネスについてもっと話を聞きたい、保険との親和性について深堀したい、他社で登録しているが稼働できていない等、今抱えているお悩みも含めて一度ご相談ください。

経歴

アイザワ証券株式会社 
執行役員 IFAビジネス本部長 川路 弘様

1960年熊本県出身。日興証券(現SMBC日興証券)入社後、本店営業部、第一事業法人部でリテール営業、法人営業を担当。
国際投信(現三菱UFJ国際投信)、野村アセットマネジメント等 国内外の運用会社にて金融法人への投信営業、アドバイザーに対する研修等の責任者を経て、PWM日本証券入社以降は一貫してIFAビジネスに従事。
2022年4月よりアイザワ証券 執行役員 IFAビジネス本部長(現任)。