保険募集人のIFA参入のメリットと実態



今回は、FocusIFAでも何回か取り上げている保険系IFAについて、2022年4月の組織再編により誕生した保険代理店グループに所属する株式会社フィック.スジャパンの三浦代表にお伺いした内容をもとに、改めて、保険の募集人からIFAを目指す方に向けて、その基礎知識からIFAとして活動するメリットや先駆者の実態、さらには法人としての保険代理店がIFAビジネスに参入するメリットをお伝え致します。

IFAとは?

IFAとは、独立系ファイナンシャルアドバイザーと呼ばれる資産運用アドバイザーの一種です。一般的に「特定の金融機関に属さず、独立した立場で顧客の資産運用についてアドバイスを行う職業である」と言われますが、主に、株式・債権・投資信託などの金融商品の説明や証券会社と顧客との取引を仲介する仕事です。現状は、証券会社に勤めていた方が退職して、IFAになっているケースが多く見られます。

保険募集人がIFAになるためには?

金融商品仲介業者としての登録を受けている法人(以下、「IFA事業者」)に所属することでIFAとして活動することが可能です。IFAには正社員型と業務委託型の二つの所属パターンがあり、正社員型の場合は現在所属する保険代理店を辞めて新しくIFA事業者に所属する必要がありますが、業務委託型の場合は現在の所属先での雇用を継続しながらIFA事業者に所属することが可能です(※現在の所属先保険代理店での副業・兼業などが認められている場合のみ)。

一つ注意が必要な点としては、IFAとして金融商品の仲介を行うためには、証券外務員資格が必要となるので、IFA事業者に所属する際には、資格の取得が必須となります。(一種・二種のどちらが必要かは所属先によって異なるので確認が必要)


保険募集人がIFAになるメリット

保険募集人がIFAになることで、お客様に対して保険以外の資産運用商品を提案することが可能になりますが、これには大きく4つのメリットがあります。

一つ目は、本業である保険商品の販売増加に繋がるケースを秘めているということです。これまではお客様に保険の提案しかできなかったので、お客様も「どうせ保険を提案されるんだろう」と自身の保険の担当に資産運用そのものに関して相談するケースは少なかったと思うのですが、資産運用に関する相談をワンストップで出来るとなるとお客様も相談のハードルが下がり、保険募集人がお客様の資産全般の相談を受けるというケースは多くなると思います。それによって、これまでに見えていなかったお客様の資産の全体状況が把握できるようになり、資産の最適な配分の提案から保険の見直しや追加を提案するということが可能になります。

二つ目は、収入の安定化につながるという事です。保険の収入はL字型と呼ばれているのに対して、IFAで特に投資信託をメインとしている場合の収入は逆L字型となるので、若い頃はIFAの収入が見込めないとしても、コツコツと投資信託の営業を行っていることで、将来は、IFAの収入をメインにするということも可能となります。

三つ目は、NISAや積立投資の説明・提案が新規顧客の開拓に繋がるということです。保険募集人の方はお客様からの紹介で新規顧客の開拓を行っている方も少なくないと思いますが、昨今、コロナの影響があってか、お客様が紹介をしにくくなったこということで、その件数が減っている方も多いと聞きます。そのような場合に、NISAや積立投資の説明が出来るというのは強い武器となり、今でもNISAや積立投資について、インターネットで調べてみたもののよく分からないという方は多く、お客様から自分の知人でそのような人がいるから話を聞いてあげて欲しいと紹介を受けるチャンスが生まれます。

四つ目は、法人開拓です。法人開拓については、法人向けの保険商品の税制変更があってから難しくなったという話をよく聞きますが、NISAや積立投資のように企業型確定拠出年金の提案ができるということが法人開拓のフックになります。企業型確定拠出年金は、オーナー個人の資産運用にとってメリットになるのはもちろん、今や従業員向けの福利厚生ともなるので、企業オーナーに対して非常に提案しやすい商品であり、これが法人開拓のフックとなります。

どのような人が保険募集人からIFAになっているのか?

IFAと親和性のあるFPの資格を持っていた方や若手の方がIFAにチャレンジしている傾向があります。他には、富裕層のお客様を持たれていた方もIFAに参入しているケースが多いようです。

IFA事業者を目指す保険代理店が増えている理由とそのメリット

人口減少や業界変革の流れの中で、保険事業の将来性に不安を感じて、新しいビジネスの一つとしてIFAに取り組む保険代理店が増えています。 保険代理店がIFAに取り組むメリットとしては、営業社員の満足度を上げることが出来るということが挙げられます。既にIFAになりたいという保険募集人の方も増えているようなので、その方たちの声に応えるという形でIFA事業者になる保険代理店も多いようです。 また、過去に保険の円建て商品の標準利率の変更があり、今や変額保険の提案も一般的になってきているため、保険代理店は投資に対しての下地ができていると思うのですが、その点で、他の異業種から参入するよりも保険代理店のIFA参入の方がシナジーが大きいのではないかと思います。

最後に ~FocusIFA事務局より~

日本政府が「貯蓄から投資へ」というスローガンを掲げ、個人の資産運用を推進している中で、IFAは注目のビジネスです。これまでお客様と長期的なリレーションを築き、ライフプランのサポートを行ってきた保険募集人の方にとってはチャンスが大きいと思いますので、これを機会にIFAへの参入をご検討されてみてはいかがでしょうか?

記事内容についてのご相談はコチラ

下記フォームよりお申し込みください。

    お名前 *
    メールアドレス *
    電話番号 *
    ご相談内容 *
     個人情報利用規約に同意いただける場合はチェックを入れてください。


      お名前 ※必須項目
      メールアドレス ※必須項目
      電話番号 ※必須項目
      ご相談内容 ※必須項目