インタビュー記事

-Contents-

お客様の人生のパートナーとして


CSアセット株式会社
取締役 副社長 水野 健次郎氏

インタビュー

IFA創業の経緯

新卒で信用金庫に入社し、銀行業務に従事しておりました。お客様の銀行口座に毎月証券会社から投資信託の分配金が振込まれているのを見て、自分もお客様に幅広い金融商品を提案していきたいと考えるようになりました。

しかし、これまでは“お客様に元本がある程度保証された預金など”のお話をしてきたので、リスクのある投資信託を提案することなどへの難しさや、株式市場の今後の展望などの未来のお話ができないことに力不足を感じておりました。

そういった状況の中で、当時参加していた異業種交流会で現会長の山田と出会い、山田がコスモ証券(現在の岩井コスモ証券)に転職するタイミングで私も転職をしました。コスモ証券で初めて証券営業を経験する訳ですが、証券会社も銀行と同様に全国転勤があり、転勤はお客様と長期的なお付き合いをすることへの妨げとなり、家族への負担も大きく、転勤を避けるため愛知県の地場証券である豊證券に山田と共に転職をしました。その後、元々山田がIFAとして独立を考えていたこともあり、山田が独立したタイミングで創業メンバーとして現在のCSアセットに参画致しました。

所属するIFAの働きやすい環境作り

弊社は他の委託型のIFA企業と比較し、IFA同士の横の繋がりが強い点が特徴です。
委託型のIFAの方は独立後、前職の証券会社の同僚との接点が減り、非常に孤独を感じやすくなります。出社義務もなく、お客様以外と人と会う機会が減り、難しいマーケット環境と一人で向き合う時間が増えます。私自身も行き詰った際に相談ができる人が必要と痛感しておりました。そのため弊社では情報交換の場を提供したり、優秀者に会社から旅行をプレゼントするなどIFA同士の交流の機会を積極的に提供しております。 他のIFA企業から移籍される方も多く、非常に働きやすい環境が整っていると言って頂いております。

IFAの方が満足する働き方ができるからこそ、お客様により良い提案ができると思っております。

お客様の人生のパートナーとして

拠点に関しては今後随時増やしていく方針です。
全国的にカバーしていき、より多くのお客様にサービスを提供していきたいと考えております。また、これまではお客様に提案する金融商品に関しても、それぞれのIFAが独自で勉強したものを提案してきましたが、現在は会社からシンプルでわかりやすいモデルポートフォリオをIFAに提供し、お客様へより低コスト・長期の運用提案を推進しております。

今回のコロナもそうですが、プロでも予想することが難しい急落は必ず起きます。7割以上のアクティブファンドはパッシブ運用などのベンチマークに勝てないとデータが出ております。 シンプルでわかりやすい低コストのポートフォリオをもとに長期で運用提案を行うことで、お客様の運用におけるストレスをなくしていきたいと考えております。

これに伴い、売買手数料でのFee体系ではなく、預かり資産金額に応じたFee体系に移行していきたいと考えております。すでに一部のIFAは預かり資産金額に応じたFee体系に変わっており、成功例を社内で積極的に共有し、増やして行けたらと思います。 お客様の運用のストレスをなくし、より関心が高い、旅行、相続、介護など運用以外のサービスをお客様に提供し、人生のパートナーとなっていくIFAを目指していきたいと思います。

独立支援制度

弊社では独立支援制度も整えております。
金融商品仲介業の申請を行ってから実際に免許を取得するまでに半年~1年程の時間がかかり、その間お客様に商品提案ができないのでスムーズにIFAとして独立することが難しいのが現状です。また、事務所開設に向けた不動産物件の取得、インターネット環境や電話機器の整備など、起業には様々な手間がかかります。一度弊社に所属して頂く形でこれら独立における様々なハードルを少しでも軽減し、IFA起業を目指す方々のサポートを行うことで、IFA業界の発展に貢献していきたいです。

経歴

CSアセット株式会社
取締役 副社長 水野 健次郎
信用金庫、証券会社を経てIFAへ
2013年よりCSアセット株式会社に入社
2014年 取締役就任 2014年楽天証券IFAサミット総合4位